男女の産み分けにおいて一般的に男の子の方が産み分けやすい

子供は授かり物といいますし健康であれば男女どちらでの良いというように言われますが、最近では産み分けを希望する方が増えてきていて、産み分けをしてくれる産婦人科もありますし産み分けに関する本も数多く出版されています。

 

男女の産み分けにおいて一般的に男の子の方が産み分けやすいというように言われています。まず男の子にしろ女の子にしろ産み分けるためには自分の基礎体温を計らなければいけません。基礎体温というのは女性ホルモンの変化により変化する女性の体温なのですが、体温の変化が0.1、2などの世界であるため一般的な熱を測るための体温計で計っても分かりません。

 

男の子、女の子を産み分けるには男性の精子の染色体により決まります。X精子が受精をすれば女の子が生まれて、Y精子が受精すれば男の子が生まれるのです。男の子が生まれるためにはこのY精子が受精しなければいけませんので、Y精子の特徴を上手く活用して性交渉を行う事が大切なのです。

 

Y精子は射精後24時間ぐらいしか女性の体内で生き続ける事ができず、そしてまた酸性に弱い性質を持っているため膣内は基本的に酸性であるため女性の膣の入り口付近で死んでしまう事が多いのです。ですので、産み分けるための方法としては、しっかりと基礎体温を測り女子絵の排卵日の日に性交渉をすること、そして膣内は女性がオルガズムを感じると酸性からアルカリ性に傾くため女性ができるだけオルガズムを感じるようにすること、そしてY精子は膣入口で死んでしまう事が多いため射精する時にできるだけ奥深くで射精する事が大切です。

 

逆に女の子を産み分けする場合は非常に難しくX精子はY精子に比べて生きている時間が長く2、3日女性の身体の中で生きていけるので排卵日の2、3日前に性交渉を行いY精子がいなくなるようにしてX精子だけが生きている状況にすること、そしてX精子は酸性に強いのでできるだけあっさりとして性交渉を行い女性の膣内がアルカリ性にならないようにする事が大切です。

 

自分自身で産み分けをする場合このような方法がメジャーですが、病院に行くともう少し確率が高くなるような方法を行う事ができます。しかし一番大切な事はもし自分の希望とは違う性別の子供が誕生してもしっかりと愛情を持って可愛がってあげる事それが一番です。