好きな人に惚れられるのもそう簡単にはいかない世の中

世の女性は、好きな男の人に恋い焦がれ、自分もそのように思ってほしいと胸をときめかせていますよね。

 

 

ですが、実際の現実は厳しい。好きな人を振り向かせるのも、好きな人に惚れられるのもそう簡単にはいかない世の中です。ですが、一つだけはっきりしていることがあります。

 

 

あなたが、その彼を好きだということです。競争相手がいても構いません。結婚相手がいたっていいんです。好きに理由はないでしょう。略奪したい気持ちもわかります。彼に自分だけを見てほしいという気持ち。そうですねぇ、どうすれば彼にその思いが届くのでしょうか。それは実は読者である、あなたがよく知っていることなのです。彼に対する情報をこの上なく知っているのはあなたではありませんか。ここでは、ある程度の恋愛知識を用いてあなたを行動させることはできると思います。

 

 

ですが、本当に彼のことを知っているのは、あなたです。そこに誇りと自信を持ってください。私がこれからお話しする方法は、万人向けのものです。男性全般がこうであろうという統計に基づいたものです。では、早速、話しましょう。男性というのは、一般的に自分を好いてくれる女性が好きです。自分の味方になってくれる女性です。こう聞くと、もうすでに私はなっているのに、振り向いてすらいないと嘆かれるかもしれません。

 

 

ですが、あなたが彼を好きな時点で彼はもうあなたの手中の中です。というのは、先ほども申しました通り、あなたが彼を好き、その事実だけで男性は嬉しいのです。どんな男性もです。大蔵省の役人も夜を騒がせるスターダムの俳優も総理大臣も大統領も男性はモテるためにはどんなことだってするように、自分を好きだと言ってくれる人には感謝と寛大です。なぜならそんなひとは滅多にいないからです。

 

 

たとえば、あなたが彼を思って涙を流す日があるとしましょう。当然、彼はそのことをしらないでしょう。でも、彼にはいつしか通じるときが来ると思います。思いは届くのです。そのことをあなたは信じて、今、ぞんぶん彼に自分の愛を注ぎましょう。報われていないって感じるかもしれません、でも、いずれ報われるときがきます。あなたの愛に応えてくれる日が必ずや来ます。彼も人間です。生きていればいつか必ずあなたに恩返しをしてくれます。

 

 

それにきっとあなたは気づくでしょう。その日まで待ってみませんか。彼に対する愛情をまずは自分がしたいことで表現してみましょう。